FX会社の種類は大きく分けて二種類

FX会社には、「店頭取引」と「くりっく365」の2種類があります。現存する、ほとんどのFX会社が店頭取引となっています。

店頭取引

投資家はFX会社と直接取引をします。FX会社は投資家からの注文を受けただけだと、リスクを全て背負うことになるので、インターバンク市場に注文を反映させリスク回避します。

 

例えば、投資家からFX会社が米ドルを買ったら、インターバンク市場に米ドルを売ります。このような動きをすることでFX会社はリスク管理をしているのです。

 

過去に、倒産したFX会社の中には、このようなリスク管理が全くできていなかった業者がたくさんあったようです。

 

FX会社のホームページや資料など、表面上では分からないことが多いので、リスク管理がしっかりとできていないFX会社が存在するというのが店頭取引業者のリスクと言えるでしょう。

くりっく365

「くりっく365」に参加しているFX会社の場合は、投資家からの注文を取り次いでいるだけなので、リスクは一切負いません。店頭取引業者に比べると、投資家は安心して注文できるというメリットがあります。

 

逆に、「くりっく365」のデメリットは上場されている通貨ペアしか取引できないという点です。実際のFX取引をする上で、どちらが好都合かというと、現状では店頭取引業者が勝っていると言えます。

 

しかし、将来的に見ると「くりっく365」の利便性が増すと予想されるので、人気が高まってくると思われます。