サラリーマンの投資法にFXは最適?

日本のサラリーマンのほとんどの人が、もらった給与のうち生活費に使った以外のお金は全て銀行に預けてしまっているという人がほとんどです。銀行に預けると言っても、多くが普通貯金として預けたままで、一部のみ定期預金にしているということです。

 

しかし、欧米諸国のサラリーマンはどうでしょう。欧米諸国の人々は金融知識が豊富で貪欲です。資産を銀行に預けるだけなんてもったいないことをしている人はほとんどいません。

 

彼らは金融資産を外国株式、国内株式、外国債券、国内債券、外貨貯金、不動産、などといった多種多様の金融資産に分散投資しています。

 

日本人は圧倒的に金融に関する知識が不足しています。なぜなら、義務教育で金融に関する教育が全く行われないからです。さらに、働いて稼いだお金は尊いが、投資で儲けたお金は汚い、という心理があるというのも事実です。

 

しかしながら、忙しい日本人のサラリーマンが本格的な投資のための時間を得ることは難しいでしょう。そこで、できるだけ手間がかからず儲けが出る方法がおすすめです。

 

その方法がFXです。少ない委託証拠金を預け入れておくだけで為替差益を得ることができる方法です。予め売買戦略を設定しておけば、一定の値幅で発注、利益確定という取引を自動で繰り返してくれるサービスを利用するとよいでしょう。こうしておけば、放っておいてもどんどん利益を積み上げていくことが可能になります。